Skip to content

誘発剤と促進剤の区別とは?|誘発剤を詳しく説明

誘発剤と促進剤がありますよね。当サイトでは、誘発剤と促進剤の区別についてご紹介いたします。誘発剤と促進剤を利用したい方はぜひご覧になってください。当サイトではそれらについて詳しい情報があります。

誘発剤と促進剤と言えば、排卵誘発剤と陣痛促進剤がありますよね。では、それぞれどんな薬でしょうか。まずは、排卵誘発剤を了解しましょう。

排卵誘発剤は不妊治療の現場ではよく使われるお薬です。詳しく言うと、排卵誘発剤は下垂体から分泌される卵胞を育てる働きがある卵胞刺激ホルモン(FSH)を刺激するか、もしくは卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)を直接刺激することで、卵胞を育て排卵しやすくさせる薬です。

排卵誘発剤はいろいろな種類があります。大体内服薬クロミッド錠、内服薬セキソビット錠、注射剤HMGがあります。効果といえば、主に卵胞を育てる作用と排卵を促す作用があります。でも、排卵誘発剤が副作用もあります。

まずは、卵巣過剰刺激症候群です。卵巣が過剰に刺激されることで卵巣が腫れて、お腹の張りや腹水、胸水、呼吸がしづらさなどの症状が出ることがあります。次は、頸管粘液の減少です。また、子宮内膜が薄くなります。クロミッドを続けて内服することでおこりやすくなるもう一つの副作用が、子宮内膜が薄くなることです。最後は双子の確率が上がるということです。

では、次は陣痛促進剤についてご紹介いたhします。陣痛促進薬は、陣痛が始まっていないときに陣痛を起こす場合(誘発)と、弱い陣痛を有効なものに変える場合(促進)に使います。

陣痛促進剤の種類といえば、経口薬と点滴薬があります。具体的に言うと、プロスタグランジンとオキシトシンの2種類があります。プロスタグランジンには、経口薬と点滴薬があり、オキシトシンは点滴薬のみです。

では、誘発剤と促進剤は具体的にどんな違いがあるでしょうか。一般に産道をやわらかくしながら陣痛を誘発する薬と陣痛を誘発する薬があります。点滴をされるということなのでおそらく後者の方と思います。オキシトシンというホルモンで分娩中に脳から放出されるホルモンです。

陣痛促進剤というのは薬で産むというわけではなく、それにより相乗効果で子宮を収縮させるという効果を期待するのでそういう意味では自分自身の子宮の収縮を誘発するととらえてもいいかもしれません。

以上は、誘発剤(排卵誘発剤)と促進剤(陣痛促進剤)についてご紹介いたしました。また、二つの違いについてもご紹介いたしました。女性たちはぜひご参考になってください。

他の人気トピック

レビトラはこの十年間の間に、非常に人気がある勃起不全治療薬です。

女性のもつ悩み解消:媚薬の効果には、「催淫作用」「発情作用」「体の感度アップ」と3種類の作用があります。