Skip to content

双子を妊娠しやすいとき

多くの人はインターネットで双子を生む方法について調べています。実は、自然妊娠で、双子を生む率は低いです。今、排卵誘発剤を使用によって、双子を生む率が高くなる声もあります。今回は、双子をほしい方に双子を生む方法を紹介します。

まず、双子の基礎知識から紹介します。双子には一卵性と二卵性があり、その両方を合わせると、全体出生数のうち双子の割合は2%程度です。一卵性は、受精卵が細胞分裂する過程で2つの胎芽に分割され、それぞれが独立した個体として成長したものです。一卵性の双子の場合、子供の顔はそっくりで、性別と血液型も同じです。または、二卵性は同時に2個の卵子が排卵され、別々に受精し、発育したものです。二卵性の場合、子供の性別と血液型は異なることがあります。

それから、双子を妊娠しやすいケースをまとめます。共に四つの場合があります。以下、それぞれ詳しく、紹介します。

1.体外受精・顕微授精

卵子と精子を採取した後、培養液の中で受精させる「体外受精」や、顕微鏡を使って人工的に授精を行う「顕微授精」は、どちらも培養した受精卵を子宮の中に移植するために行われる「生殖補助医療」です。以前は妊娠確率を上げるために、2個以上の胚(受精卵)を移植することもあったため、1990年代に体外受精や顕微授精で双子を妊娠する確率は約15-20パーセントです。しかし、2008年に日本産科婦人科学会が「生殖補助医療で移植する胚は、原則として1つ」という会告を発表して以降、体外受精・顕微授精による妊娠によって双子が生まれる確率は減少しています。

2.排卵誘発剤

排卵誘発剤とは、生理不順で排卵日を特定するのが難しい場合や、自然排卵では妊娠しにくい場合などに使用される薬品です。排卵促進剤のように排卵を促進する作用があるのですが、実は、主な効果としては、質の良い卵子を育てることです。不妊治療では、先に取り組むことになるタイミング法、人工受精といった治療法で妊娠しやすい状態へ高めるために使用されることが多くなります。排卵誘発剤が双子を妊娠しやすいと言われる理由は、卵子を増加させる働きとその卵子を調整できない部分からきています。双子を妊娠する確率が高くなると言われています。

3.高齢出産

年を重ねるごとに妊娠できる確率は低くなっていきますが、双子を妊娠する確率は高齢出産の人が高くなる場合もあります。年齢が上がると体も徐々に衰えていきますが、同時に卵子の質も低下します。この理由から高齢は妊娠が難しいと言われるわけですが、高齢の女性はより多くの卵子を作ろうとするので、卵子を一度に、2個以上排卵する確率が高くなります。さらに、不妊治療行う場合、年齢の関係からタイミング法などを行わずに体外受精などの高度生殖医療に早めに取り組むことがほとんどです。そのため、高齢になるにつれ双子を妊娠する確率は高くなる傾向にあります。

4.体質

双子を妊娠しやすい理由として、人が持つ元々の体質や家系などが関係してくる場合もあります。家系に双子がいる場合、特に母方の家系に双子がいると、双子を妊娠する確率は4倍に上がると言われています。妊娠経験が豊富な人も該当し、2回以上経験のある女性は若干ですが双子を妊娠する確率も上がります。

双子を妊娠することがいいですけど、リスクも高くなります。ご注意してください。