Skip to content

排卵誘発剤について

排卵誘発剤は、その名の通り、排卵を促すための薬です。不妊症の原因はさまざまですが、排卵がない「無排卵月経」、生理がない「無月経」、月経周期が異常に長い「希発月経」など排卵障害のある場合に使われます。利用を決める時期としては、すでに1~2年間タイミング法をとっているなど、なかなか妊娠へ進めないときに、卵の数を増やして妊娠のチャンスを高めるために使われます。また、体外受精や顕微授精の際、採卵する卵子の数を増やすためにも用いられます。

不妊治療に使われる「排卵誘発剤」とは別に「排卵促進剤」があるのをご存知ですか?どちらとも似たような名前ですが役割は違います。使う時のタイミングやメリット・デメリットなど疑問点を交えてご紹介します。排卵誘発剤は、卵巣で成熟する卵胞の数を増やしてくれるもので、なおかつ質の良い卵子に育てるために使われます。排卵を促す作用もありますが、どちらかというと品質の良い卵を育てるために使われるお薬です。排卵促進剤は、その名の通り排卵を促進するためのお薬です。排卵促進剤を注射で体内に投入すると、36時間~40時間後に排卵が引き起こされるため、より確実に妊娠の確率を上げることができます。

排卵誘発剤は卵胞を育てる作用と排卵を促す作用があるため、卵胞が排卵に必要な大きさにまで育たない人や排卵しにくい人に有効です。また、卵巣の働きを整えることで、排卵があっても低温期が長く卵胞が育つのに時間がかかる人や、低温期から高温期への移行に時間がかかる、高温期が短いなどの黄体機能不全の人にも有効といわれています。きちんと卵胞が育ち、排卵を促すことで妊娠できるチャンスが増えるため、結果、何もしないより妊娠率が上がるというわけです。